「駅まで徒歩〇分」それって本当?




時折、お客様より
SUUMOやホームズに表記されている
駅徒歩〇分の表示って本当なんですか?

というご質問を頂くことがございます。


確かに、実際に歩いてみると表記の分数より、時間がかかった・・・
という事もありますもんね。


結論から行くと

そこに(ほとんど)嘘偽りはありません。

(おとり物件などで偽ってるものもありますが極稀です!)


駅徒歩〇分の表記は
80メートルを1分と換算し、駅から物件までの最短距離を時間に置き換えたものでして、
不動産会社はそのルールに則って表記しています。

ちなみに、80メートル1分というのは、
女性がヒールを履いて歩いた時の平均的なスピードらしいです。

では、なぜ実際に歩くと表記の分数より時間がかかるのか?

それにはいくつかの理由があります。

裏を返せば
その理由に該当する物件は表記より徒歩分数が長くなってしまう可能性ありですので
是非ともチェックしてみてください。

① 駅から物件までの間に信号がある。

残念ながら信号の待ち時間は駅からの分数には含まれません。

駅から物件までの間に信号がいくつもあったり
開かずの踏切があったりする場合は要注意です!



② 駅から物件までの間に坂道がある。

下り坂はまだ良いんですけどね・・・
のぼりが・・・・

どんなに傾斜がついていても、80メートル1分の計算には変わりません。

実際に歩いてみると時間がかかり
体力も消耗、なんてことがあるかもしれません。



③ 駅の出口から改札までが遠い。

これ!
地下鉄の駅だと特に要注意です。

駅からの徒歩分数を算出するときは
駅の「物件に一番近い出口」から「物件の敷地の端」までの計算となります。

そのため駅の〇番出口からは近くても
そこから改札まで+3分歩く、なんて物件もあったりします。

また、「物件の敷地の端」までとなっているという事は
広~い敷地に建つマンションに建っている方も気を付けてください。


不動産会社が徒歩分数を偽って載せるという事はほとんどありませんが、
以上の理由で、やむを得ず時間がかかってしまう、という事もありますので
物件の周辺環境などをチェックして判断するといいかもしれません。