室外洗濯機置場のメリットとデメリット

お部屋探しの条件でほとんどのお客様に言われる条件の一つとして「室内洗濯機置場」があります。

特に一人暮らしをした事がないと洗濯機置場が室内にあるのは当然!と思われている人も多いです(私もその一人でした・・)

でも、賃貸物件の中には「洗濯機置場なし(近隣コインランドリー使用)または(共用設備の洗濯機を使用する)」物件や

「ドラム式洗濯乾燥機付き(自分の洗濯機があっても持ってくる事ができない)」の物件、そして今回の主題でもある

室外洗濯機置場」など様々なパターンがあります。

ただ、室外洗濯機置場にも「共用廊下に設置」と「バルコニーに設置」の2パターンがありまして・・。

「共用廊下に設置」の場合、同じ物件に住んでいる住人や外部から出入りする人もいるわけなので

セキュリティー面を考慮すると、女性の場合は「バルコニーに設置」の方が良いかもしれませんね!

そこで「バルコニーに設置」を前提にメリットとデメリットを挙げていきたいと思います!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【メリット】

・万が一水漏れしてもお部屋が水浸しになる事がない。

・洗濯が終わったらそのまますぐに干せる

・家賃が比較的安い物件が多い

【デメリット】

・定期的なメンテナンス(小まめな掃除)が必要

・天候によって洗濯機が劣化しやすい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがですか?デメリットの部分は室外である以上どうしても付き合っていかなければなりませんが

私の経験上、中古の洗濯機や安めの洗濯機でもきちんとお手入れさえしていれば、一般的に言われる

「外に置いていると壊れやすい」という事もありませんでした!あとは、洗濯機用のカバーなども

売っていたりするので、そういったカバーをする事で対策できるかと思います!

「少しでも安い物件を探したい!」「部屋はキレイで気に入っているけど洗濯機置場が

外なんだよなぁ・・」などで悩まれている方は参考にしていただければ幸いです★