意外とおすすめ【夜の内見】

お部屋の内見をされる方の多くは
日中をご希望されます。


日中であれば陽当たりが確認できますし、
まとまった時間が取れるため、
何件の物件をまとめて見ることもできますしね。

しかし、なかなかお休みが取れず
日中の内見が難しい方もいらっしゃるかと思います。


そんな忙しい方には
お仕事帰りの時間を活用した夜の内見もおすすめです。


内見時は物件現地でのお待ち合わせが可能ですので、
まっすぐ物件へ行って、内見後は現地解散

そのまま帰宅できるのでらくちんです。

そして、夜の内見でしか確認できないこともあります。


例えば、帰り道の暗さ。

日中は気づけなかったけど、
この道は街灯が少なくて、夜は暗い・・・

なんてことが分かるかもしれません。


例えば、隣の部屋からの音の聞こえ方。

住民の方が出かけている可能性が高い昼と違い、
隣の部屋の生活音が聞こえないかどうか判断しやすい時間帯です。


是非とも仕事帰りのちょっとした時間を
内見に活用してみてください