申込書記入の際の注意点は?

住みたいお部屋が決まれば、まず最初に行うのが申込の手続きです。

「申込手続きもしたし、引越しの準備を始めよう!」

ちょっと待って下さい。引越準備を進める前に、注意してもらいたいことは申込=入居決定ではないという点です。入居するには申込を行い大家さんから許可を貰わないといけないのです。

「いや、私、今まで滞納もしたことないし、毎月の家賃だってキチンと支払いできますよ」と思う方もいるでしょう。

ここで、一度頭をフラットにして考えてみてほしいのです。もしアナタが大家さんだったと想像して大家さんの立場で考えてみて下さい。

どんな方に借りてもらいたいと思いますか?またその判断を行うには何を見て判断しますか?

申込書

そう、一番は家賃を滞納しない人ですよね。それを判断する肝心な書類は申込書です。申込書は大家さんへ提出する履歴書と言われるようにその内容で判断されると言っても過言ではありません。もしアナタが大家さんだったとして空欄ばかりの申込書や乱雑に記入された申込書を受け取ったとして、その人に入居してもらいたいと思いますか? 申込書はできる限り未記入欄がなく丁寧に記入するようにしましょう。

必要書類

身分証等のほか、収入証明書や採用通知書などの書類の提出を求められることがあります。「毎月の家賃を支払っていけるか?」ということを判断するには書類での判断が最も適しているからです。