内見は雨の日こそすべき?

今年もやってきてしまったこの季節。

昨日は雨で
今日も雨、

天気予報を見たら明日も雨・・・



こんな季節は
お部屋の内見に行くのも躊躇してしまいがちですね。



ただ、実は雨の日の内見も
捨てたものではありません。

むしろ、雨の日の内見でしかわからないポイントを
チェックするチャンスなのです。




例えば、


マンションの共用廊下が
雨で水浸しになっていないか。

晴れの日の内見では絶対に気づけないポイントです。

雨の日万歳。



また、
陽当たりに関して、

陽当たりが一番悪い状態の室内が確認できます。

晴れの日にはあんなに明るかったのに
雨の日は意外と暗くてじめッとしていたり、

逆に雨の日でも意外と明るいお部屋もあります。



なにより、
雨の日の室内を見ることで

「これより暗くなることはない!」
という安心感が持てます。


これからの時期、
雨の日にしかできない内見を
楽しんでみてはいかがでしょうか。